HOME>オススメ情報>土地を所有するメリットがあるとわかっていても有効な活用法が分からない時に

設置した後は待つだけ

駐車場

購入もしくは第3者からの譲渡などで土地の権利は所有しておくことによって、例えば土地価格が上がった時に建物を建てたり第3者に融通して利益を上げるなど色々な使い道があるのです。しかしいざ所有権を持った時に、所有権を持っていれば得が大きいといっても何もしないというのももったいないと感じる人も多いといえます。そこで所有している土地を見渡した時に、例えば交通量が多いもしくは集合住宅や大規模商店街が近くにあると分かった時にはコインパーキングを設置して経営するという手段があります。経営をする場合の方法は、自己経営という形で土地を駐車場に改良した後にコインパーキングの機器をレンタルしてくれる企業と提携して設置して利益を上げる方法が1つ目です。そして2つ目は、コインパーキングを経営してくれる業者に任せて経営する委託方式があります。

個人の力だけで行う場合

駐車場

コインパーキングの経営方法は個人型と委託型に分かれていますが、選ぶ際には一長一短なので覚えておく必要があります。個人型だと経営が軌道に乗ると利益率が高いですが、その反面パーキングの管理と収益表などの作成といった経営が適切でないと破綻する可能性が高いです。もし個人経営で運営していく場合には所有している土地の周辺環境を見るだけでなく、事前に経営に対するノウハウの勉強と管理方法そしてなどの知識を有してから運営しないといけないです。

委託する場合

標識

そして委託型はコインパーキングの管理や経営はしなくて済むのがメリットですが、基本的に契約上の関係で管理や経営のための利息を支払う方法にはパーキングの売り上げから差し引かれることになります。そのため管理を任せたことでパーキングの利用が軌道に乗っても、利息の支払いや売上金の還元には上限が決められているため個人型に比べて利益率は低くなってしまうのが難点です。ただ面倒な管理や経営をしなくてよいので、迅速にコインパーキングを作りたいのであればお勧めです。

広告募集中